『吹きガラス』の体験ツアーに行ってきました!

当工房、私がメインにやっていることは『ステンドグラス』ですが、その板ガラス、色ガラスがどのように作られているのか、
また、私が通っていたステンドグラス工房の先生がアメリカ帰りの先生で、いろいろなグラスアートのことをお話してくださり、
私の興味はステンドグラスから吹きガラスやガラスを溶かして形にする、などホットワークの世界へ広がっていき、気付いたのが大学を出たばかりだったのでサブスクール的にしか通えませんでしたが、ちょこっとグラスアートの学校へ通って、視野が広がっていきました。

ということで、「ガラスの勉強会+吹きガラスツアーやるけど参加しない?」と誘われると、もう二つ返事で参加してしまい(^^ゞ

一昨日、伊豆に住むガラス作家さんのお誘いで、西伊豆にある“黄金崎クリスタルパーク”とその近くにある“fornace FARO”さんという吹きガラス工房へ、久々の自己勉強の旅、に行ってきました。

画像 034mini IMG_1484mini.jpg
電車の中で持ってきたスケッチブックを撮影してテンション
そして熱海駅に到着
駅前に間欠泉があって、足湯があるのにはびっくり!さすが温泉観光地!
同じくガラス&シルバークラフト作家さん2名、名古屋から合流し、
今回のツアーを計画してくださった方が車で迎えにきてくださって西伊豆へ移動
画像 038mini
海きれーーーーいwoderful
 画像 039mini 画像 041mini
赤い建物が目印です。なんとすぐ横に流れている小川のほとりには、桜の木と、さらに!ヤギが2匹!かわいい~~~
画像 045mini DSCN2012mini.jpg
画像 088mini 
真剣に作家さんのご指導を受講。久々の吹きガラス。動きがぎこちないですそれでも出来ました!(直径11cm)
はい、覚束ないところは作家さんに助けていただきながら
ガラスって出来が初心者でも色選びがイイとなんとかみれます なんちゃって

色選びならいつもやってますので(^^ゞ本職ですから(^^ゞ

ってか、これ、板ガラスだったらF社の高い型番だよなーっとか、ひとりごと

吹きガラスが終わってからは黄金崎クリスタルパークへ!
初めて行ったのですが、けっこう見ごたえあってこれまたびっくり!
残念ながら時間の都合でささっと見た感じで写真もないのですが。
画像 047mini
入り口のところにあった色見本だけ、激写(笑)色、いろいろ大好き

時間がなかった理由は、今回ナビゲートしてくださった方のおうちがここ、富士山がドーンってところにお住まい、ということで!
日が沈む前に富士山見ましょう!ということで!すごーーーい!
画像 058mini

とても充実した一日でした♪
コーディネートして下さったSさん、ほんとにどうもありがとうございました!

★掲載のデザイン・写真・記事などはすべてKALAMA Glass Art Studioに所属しています。無断での引用は犯罪となります。★
スポンサーサイト

今回は『蓋』を作ってみました。

ことのほったんは、はるか2年前でしょうか

揚げ物を頻繁にやらない我が家では、一度使った油を次の揚げ物の日まで、市販の油漉し器に入れて何ヶ月も置いておくのはあまり向いておらず、何かいい方法はないかな~と、考えておりました。

と。
そんなある日、こんな瓶を見つけました。
以前、雑貨屋さんで衝動買いした取っ手付き瓶です。

ジョッキみた~い

いえいえ、口のところが、瓶の蓋をはめられるようになっているので、
飲み物を飲むって口当たりが。。。(-"-) 

で、買ったものの放置されていたこの瓶ですが。

出番到来

揚げ物で使った油をこのジョッキに入れておいて、ミニレードルを入れておけば、
炒め物をするときに少しずつ使っていける

こんな感じです
DSCF4438mini.jpg

しかし
蓋がないとホコリがはいる
買った時には蓋は無かった。
しばらくラップをかけていたが、きちゃないく、みすぼらしい。
何かいいものはないものだろうか。
できればレードルをさしっぱなしにできるものがいい…

うーん。無い。
それなら、作るか
DSCF4432mini.jpg DSCF4429mini.jpg
ジャーン
こんな感じで
やっぱりガラス屋としては、ガラスで作るぞよ、と
レードルの部分はマーガリンの蓋のように
ガラスを削るのはおやすいごよう
つまみをつければ持ちやすいし
板ガラスに三角のガラス片を乗せてて窯で焼成すること数時間

が、しかし!
喜んだのも一瞬。
この撮影のあと、内側にストッパーを付けていたなかった“ただ乗せただけの蓋”はするっと滑って、パリンと割れた
当たり前か
DSCF4804mini.jpg

ならば裏に瓶の口のよりひとまわり小さい丸いガラスを置いて上にまっぷたつに割れた色ガラスを置いて焼く
ストッパー兼修復。一石二鳥♪と焼いてみただが、それもまた束の間
今度は、窯の中で、ガラスの厚みによる温度差(温度の上昇下降のときの歪みで割れることがある)が原因で大破
画像 127mini 画像 125mini
窯から出てきた図。がーんΣ(゚д゚lll)
まっぷたつどころではない、ストッパーにしようと置いた白いガラスともくっついちゃって、再起不能

DSCF4808mini.jpg
ちなみに、これは窯に入れる前の図。白い綿みたいなのは温度を上げた時に、ガラスが柔らかくなって、垂れ下がらないようにする抑え。

それから1年くらい経った昨日。

ふと思いついた
再起不能のガラスでいつまでも悩んでいるのではなく。
ガラスを変えよう
画像 00007mini
これは、板ガラスを自作していて、空いてしまった穴ありガラス。
ステンドグラスに使うには失敗作。

しかし。
この穴をもっと大きくすれば。
レードルがさせる♪
レードルをさしておけばすべらない♪
穴を削って大きくするのなんて、ステンドグラスで使っているルーターを使えばすぐに広がる♪
そしてできたのがコレ!
DSCF6882mini.jpg
レードルをさしておけばすべらない、と思いつつも、ちょっぴり小さめのストッパーをつけてみた
つるっとさせるためにどちらにしろ窯に入れるのでね。
画像 005mini
どうでしょう!できました!使い心地はバッチリで~す

ステンドグラスの合間にちょっと脱線。
窯で焼いてみるのは面白いです♪

※“板ガラスを自作”する技法を勉強したところは『グラスコム』(水吉郁子先生)です。
私は2年間しか行ってないないので、この技法は当教室では教えられません。まだまだ勉強中です。


★掲載のデザイン・写真・記事などは、KALAMA Glass Art Studioに帰属しています。無断使用・転用は犯罪となります★

最近、何をやっているかというと・・・

このFC2のブログは、1ヶ月更新がないと、でーん!と広告バナーが私の“ブログ記事”みたいに書かれてしまう。

昨日、びっくりいたしました

こんな記事書いた記憶ナイ・・・と

よくよく読むと、そういうことだったらしいです。

が、しかし、工房はどうなってるのとか

ここのところ、何を作っているのかとか声が聞こえてきたり

作っておりますが、写真にまとまっていないんですね~

あと、作るのに時間がかかるものを作ってます、ということで。

しばし新作upはお待ちくださいませ~
DSCF6363mini.jpg
↑工房の床を撮ってみたり
こんなのに癒されてます

【プロフィール】
【お問い合せ】
【TEL/FAX】
0467-88-5936
9:30~18:00
(番号通知でおかけください)
【LINE】
ID:seachiaki
【Facebook】
工房のFBページのメッセージでお問い合わせいただくことも出来ます。
※不在の場合は留守電にご用件をお入れください。 こちらから折り返しお電話いたします。
お越しいただく際は、必ずご一報ください。

【下記フォームからもお問い合わせできます】

名前:
メール:
件名:
本文:

【Calendar】
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
【月別アーカイブ】
【カテゴリ】
【最新情報】
【2015年4月のお知らせ】
4/12(日)茅ヶ崎市鉄砲通り東海岸北5丁目交差点近くのカフェpipipiで11時~15時pipipi市に参加します。キーホルダーなど小物販売。 4/25(土)~5/17(日)毎年参加しております"MADE IN ENOSHIMA"(神奈川県・江の島コッキング苑/シーキャンドル)今年も参加いたします。ワンコインワークショップは今年はキーホルダーのほかにサンキャッチャーも用意いたしております!GW期間中のイベントデー(5/3.4.5)と、5月の週末(日程は未確定)に開催いたします(10時~17時)。悪天候時は中止となります。不明な場合や、事前にご予約されたい方はメールor電話にて工房の方にお問い合わせください。
『今月のヒメ』
お正月2015
【Monthly Brogfolder】
【Guest Count】
みなさまご訪問ありがとうございます。
【QRコード】
QR
【リンク】